大切な人の為に永遠の安らぎを

 

     当寺院は大阪府交野市青山の地で、真宗の普及をしております単立寺院として

   『交野の阿弥陀さん』   『 納骨の寺』     

  として地域の皆様から親しまれております。

 

     納骨のお寺章園寺は、宗旨・宗派に関係なく

    あらゆる方々のご納骨を行い、ご供養させていただきす。

                                                     合 掌

 

  祐 護 山 章 園 寺    

     住 職  幸 田   慈 宏

 

章 園 寺 阿 弥 陀 堂



   交野の阿弥陀さん 御本尊阿弥陀如来座像

 

阿弥陀堂は御本尊である阿弥陀如来座像をお祀りしています。

この阿弥陀様は「半丈六 阿弥陀如来座像」といい、中国は 宋(ソウ)の時代に  ( 1073年 )  成尋常阿闇梨が日本に送ったものと言われています。

 

「扶桑略記」の延久四(1072年)3月15日には、京都岩倉の大雲寺高僧である成尋(藤原佐理の子)が、「肥前國松浦群馬県壁(加部)島」から「唐人一船頭曽宗之舶(船)」「元享釈書」巻十六の記述により、この船は「宋商孫忠」の所有船であることが窺われるに乗り込み、入宋果たしたことが記されています。

 

入宋の翌年、(1074年)成尋常阿闍梨は、経典400余巻、異風の仏像数十躰、自画像等を大雲寺に送っています。これらの品は、天文の戦乱1546~1551までは大切に保管されていましたが、戦火で悉く焼失し、成尋が大雲寺にもたらした品々で現存するのは、本阿弥陀如来一躰のみです。平成18年にこの「半丈六 阿弥陀如来坐像」は,

約250年ぶりに大修復を行いました。

 

  ※   丈六とは立身の丈が一丈六尺(4.84m)あるという意味で、半丈六は坐るとその半分の八尺(2.42m)になる。

         仏像の大きさを示す単位である。

 

  


               

                 宗   教   法   人

      

              祐 護 山  章   園   寺

                   

    〒576-0066  大阪府交野市青山5丁目526-4

                                                     Tel: 072-895-7676

                                                     Fax:072-894-3776                                                            親 鸞 聖 人                        Mail:katanonoamidasan@shoenji.com