〜永代経とは〜


永代経(えいたいきょう)とは、たいていの寺院では春と秋に勤められるものであります。

別段、永代経と言うお経があるわけではなく、永代読経(えいたいどきょう)を略して永代経と呼ばれております。

そこからまた「お寺が存続し、み教えが繁盛し続けるように」という願いが込められた意味にもなります。

「永代」とは、末永くいつまでも、ということ。読経とはお経を読むことです。

永代経という言葉には、「永代経懇志(えいたいきょうこんし)」「永代経法要」の二通りの意味が含まれております。

「永代経懇志」とは、自分は今幸いにして、こうして佛法のご縁に遇わせていただけたが、見佛聞法の道場としてのお寺が恒久的に維持され、末永くお経が読まれ、み教えが聴聞(ちょうもん)できて、佛法が子々孫々に伝わるように、との思いでお供えさせていただくのが「永代経懇志」です。

そして、その施主さんをはじめ、一般の方々にも広く呼びかけて開かれる法座が、「永代経法要」です。

というのが、浄土真宗における永代経を勤める意義と一般的に説明されるところです。

現代の忙しい世相の中で、亡き人を富む舞う機会、御先祖様に手を合わせる機会が失われつつあります。

そこで、お寺に永代供養・納骨をなされる方が増えております。

さらに、いったん納めてしまえば責任が果たせたと考えるのも困ります。

ある方など「永代経を納めましたので、お参りに行かなくてもちゃんとお経を上げて下さるので安心です」と話していましたが、これでは永代経も台無しです。

み教えを私に伝えて下さったご先祖の遺徳を偲び、何より私自身が聞法に励んで、慶びを子孫に伝えていく、

これでこそ永代経といえるのです。    

                                                           合 掌     

                                                                住 職 幸 田 慈 宏

 


               

宗 教 法 人

      

              祐 護 山  章   園   寺

                   

    〒576-0066  大阪府交野市青山5丁目526-4

                                                     電話: 072-895-7676

                                                     FAX:   072-894-3776

           shoenji.com