安    寿    の    郷

 

ご 供 養 墓

 

 

 

宗旨・宗派一切問わず

                納 骨 料    無  料

 

 

 

 

今は亡き 章園寺 初代住職  幸 田  祐 信 師  が困った人を助けるために建立されたお墓です。

                                                          

                      どなたにもゆっくりと安らげる場所

 

宗教法人 祐護山 章園寺は 「交野の阿弥陀さん」 「納骨のお寺」 と地域の皆様から親しまれ、交野

青山5丁目におきまして、浄土真宗の布教活動をおこなっております。このたび当寺院内章園寺霊園に

おきまして、ご供養墓として、安寿の郷を建立することになりました。

 

一切の衆生、今生の縁尽きし時その姿は南無阿弥陀仏の六字名号に導かれ阿弥陀如来の大いなる

救いの御手に抱かれて蓮華の国に生まれとこしえに浄らけき身となって頂くためにも懇ろに聖教を読誦

して供養させていただく    この安寿の郷(さと)【 御供養墓  】は、生活保護受給者の方や、身寄りの

ない方のご納骨を目安としており、ご納骨に関しては一切費用を頂かないこと、永代に渡ってご供養

することをその趣旨としております。結縁、地縁等のこれまでの日本社会を支えてきた『縁 』が薄弱化し、

誰にも看取られないで亡くなる方が増加しています。無縁社会という言葉が一般化しつつあり、無縁

死をされる方が、年間三万人を超えている深刻な現状があります。このような現代日本社会に対して、

宗教法人 祐護山 章園寺が何らかの形で、答えを出すことはできないかという思いが、

この安寿の郷 【 御供養墓 】に込められております。

 

 ※ 全ての儀式は浄土真宗の作法に則り行います。 

  ・ 合祀墓にて永代にわたってお守り致します。

  ・ ご供養名簿にご登録致します。

  ・ ご納骨料は、無料ですが (  読経料・お布施として一体五千円は必要です。  )誦

 

  ご留意頂くようお願い申し上げます 【 ご納骨の対象 】

  ・生活保護受給者の方のご遺骨。

  ・現在、生活保護受給者の方がお持ちのご遺骨。

  ・納骨後の返却は一切できません。

 

 

               六  地  蔵  菩  薩

六 地 蔵 菩 薩               ( ろくじぞうぼさつ )

 

六道輪廻(ろくどうりんね)の思想に基ずき、六道それぞれの地蔵が救うとする説から生まれました。

『地獄』 『餓鬼』 『畜生』 『修羅』 『人間』 『天』 の六道を行脚される地蔵菩薩の御姿を

それぞれ六体の尊像に表したものがこの六地蔵尊です。

 

『地獄道』 生前の罪によって罰を受ける世界(気の遠くなる程長い時間苦しみを受け続ける)

『餓鬼道』 飢えと欲望の世界 (常に飢え、渇き、他人を蹴落とし決して満たされない)

『畜生道』 愚かな動物の世界 (弱肉強食、或るいわ人に使われ続ける)

『修羅道』 阿修羅/憎しみと争いの世界 (出会う者同士殺し続ける)

『人間道』 人の世界 (我々の居るこの世)

『天 道』  なお悟りに達しない神々の世界 (人間よりも優れ、寿命も非常に長いし空も飛べるが、

煩悩が無いわけではない)の六つです。

 

【 この六道の世界にあって迷える魂を救う地蔵菩薩は、次の名で呼ばれています 】

                                                     

 大 定 智 悲 地 蔵    ( 金剛願地蔵 )                      地 獄 道 (じごく)

 大 徳 清 浄 地 蔵    ( 金剛宝地蔵 )                      餓 鬼 道 (が き)

 大 光 明 地 蔵       ( 金剛悲地蔵 )                     畜 生 道 (ちくしょう)

 清 浄 無 垢 地 蔵     ( 金剛幢地蔵 )                      修 羅 道 (しゅら)

 大 清 浄 地 蔵        ( 放光王地蔵 )                     人 間 道 (にんげん

 大 堅 固 地 蔵        ( 預天賀地蔵 )                      天    道 (て ん)

 

人が亡くなってから四十九日の間に七度裁判にかけられ、閻魔様や仏様達によって裁かれ、生前の行い、

罪の軽重、積徳の多少、遺族による法要の模様等々吟味されて行き場所を与えられるのです。

ちなみに、地獄と天とでは、救うために使う力も違うので、最も威力のある「地獄道」に

対応される尊像を、上座(右側)に奉安し、後は順次左側へ向かって並んでおられます。

 

人は徳を重ねて生きるものですが、知らず知らずのうちに罪も重ねているかも知れません。

どこへ行っても救っていただけるよう、手を合わせましょう。

 

                                  合  掌                                                                                          

 

                        館 長   幸 田 行 信

 

 

               

                 宗   教   法   人

      

              祐 護 山  章   園   寺

                   

    〒576-0066  大阪府交野市青山5丁目526-4

                                                     Tel: 072-895-7676

                                                     Fax:072-894-3776                                                            親 鸞 聖 人                        Mail:katanonoamidasan@shoenji.com